2009.02.22 Sun 番外編

婚姻届を提出するまで

2009年2月22日
今日 市役所に婚姻届を提出したのですが
・・・まだ 結婚した実感がわいてきません
これから 少しずつ 実感がわいてくるのかな

婚姻届・・・1枚の薄い紙ですが とても重いものなんですね



2月16日
市役所のロビーに置かれた婚姻届を 何枚かもらってきて 1枚下書きして
夜に清書して 印鑑を捺して
日曜日に提出するので 不備がないかどうか 翌日 市役所で見てもらいました

2月22日に 彼に婚姻届を提出してもらうつもりでしたが
やっぱり 記念になると思って 一緒に婚姻届を提出しに行きました





三重に住んでいる彼と 広島に住んでいるわたし
2007年12月23日に 初めて逢って

それからお互い仕事が忙しく 3月に逢う約束をしたけれど
わたしは体調が悪くなり 検査を受けたところ 入院することになり
3月13日から5月23日まで 入院しました

再び逢ったのが 6月
彼のご両親にお会いしました
7月には 彼がわたしの両親に会ってくれて

8月16日 彼にプロポーズされました

わたしはずっと 一人で生きていくと決めていたから
・・・彼と出逢わなければよかったと 思っていました

想われれば想われるほど 逆につらくなって・・・
出逢ったことを なかったことにしてほしいと思って・・・

一緒にいるのは時間は そのときは楽しいけど
元の生活に戻ると それはそれで ひとりでも楽しくて
誰かと一緒に生きていくのは わたしには無理だと・・・

わたしは 家事が全くできないし・・・
人付き合いが苦手で 自分勝手で人を思いやる気持ちがないし・・・
何もできないし 性格も悪いし・・・
人を信じることができないし・・・

だから 彼に申し訳なくて 彼と一緒に生きていくことはできないと 思いました
彼には 素敵な人と一緒になってほしいと・・・



それなのに こんなわたしに
「幸せにさせてほしい」と 彼は言ってくれて・・・
「これまでの自分とは 変わったほうかいい」
だから「僕を信じて 全てをあずけてほしい」と・・・



もちろん そんなことを言われたのは 初めてなので
・・・とても戸惑いました

どうしても 一歩踏み出すことができなくて・・・



昨年12月25日
長期入院・長期自宅療養後 7月から仕事復帰していた会社を解雇されて

2月10日
解雇された会社から 忙しいので バイトで仕事を手伝ってほしいと言われ
・・・どうしようか とても悩んで
それをきっかけに 話が進んで・・・
2月22日に婚姻届を提出
3月8日に 彼のご家族とわたしの家族で食事会して 3月10日頃まで仕事をして それから引っ越すことになりました
(順番が違ってしまったけれど・・・)





言葉は悪いけれど・・・もう「開き直る」ことにしました
そうしなければ わたしは いつまで経っても 一歩が踏み出せない・・・

だから
わたしは 何にもできないんだ と
何にもできないけれど だだひとつできることは「彼を信じて 彼と一生一緒に生きていくこと」だと

何かが変わるかもしれないし 変わらないかもしれない
・・・けれど やってみなければわからない
それなら やってみようと 開き直って・・・

不安はあるけれど・・・彼と一緒なら 大丈夫と信じています
どんなことがあっても ふたりなら大丈夫と

一歩踏み出す力をくれた彼に 感謝しています
ありがとう・・・そして これからもよろしくお願いします

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック